エターナル・サンシャイン

Eternal Sunshine Of The Spotless Mind 2004年 アメリカ作品
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:ジム・キャリー(ジョエル・バリッシュ役)、ケイト・ウィンスレット(クレメタイン・クルシェンスキー役)、トム・ウィルキンソン(Dr.ハワード・ミュージワック博士役)、キルステン・ダンスト(メアリー役)、イライジャ・ウッド(パトリック役)
原案:チャーリー・カウフマン、ミシェル・ゴンドリー、ピエール・ビスマス


記憶を削除することがテーマになっている為、少々、混乱気味に陥るが、アカデミー賞脚本賞を受賞したということだから、よく練られた作品ということか‥‥。

ほとんどがジム・キャリーとケイト・ウィンスレットが出ているシーンで、この二人の実力が見られた作品とも言える。ジム・キャリーはおふざけのコメディアン的な印象が強いが、やはりこうしたシリアスな役をやると本当にうまいんだなあ、と実感する。しかも、やっぱり二枚目。

嫌な思い出を忘れる為に記憶を削除してくれるというクリニックが、ごく普通に存在し、患者達が訪れている現代という設定。主人公達は何かの陰謀で記憶を消されたわけではなく、自分の意志で終わった恋を忘れる為に自らの記憶を消す。最初はケイト扮するクレメンタイン。そしてそのことを知った主人公、ジム扮するジョエルも‥‥。しかし、途中で彼の気が変わったことで混乱が生じ‥‥。

トム・ウィルキンソンはこのクリニックの医師、キルステン・ダンストとイライジャ・ウッドはスタッフだ。主人公達の恋の話と同時進行でこの四人のもつれた話も展開して行く。話は前後するので、ちょっとわかりにくい。

正直、私が劇場公開の予告編を観て最初に思っていたのとは違う内容だった。記憶を消す発想は面白いと思うが、現実的に考えるとこうした行動は私には理解できないし、共感もできない。人が人である所以のひとつは”記憶”だと考えるからだ。安易に削除したり、戻したり出来るのは人の尊厳や社会の秩序としてどうなのか。映画の内容はそんなことを問うものではないだろうけど、気になって仕方なかった。(2012/10/25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です