ベスト・キッド(2010年)

THE KARATE KID 2010年 アメリカ、中国作品
監督:ハラルド・ズワルト
出演:ジェイデン・スミス(ドレ・パーカー役)、ジャッキー・チェン(ハン役)、タラジ・P・ヘンソン(シェリー・パーカー役)、ハン・ウェンウェン(メイ役)、ワン・ツェンウェイ(チョン役)


日本でも大ヒットした1984年の「ベスト・キッド」のリメイク版。オリジナルの主人公を演じたラルフ・マッチオもこれで人気が出たっけ。師匠を演じた日系人俳優パット・ノリユキ・モリタも飄々としていてとてもよかった。今風に言えば草食系男子がカラテを通じて心身共に成長して行く姿はこうした設定の効果もあって日本人の武士道精神にも通じている感じがした。

そして今日、リメイク版は、主人公には黒人少年へ代わり、その少年の母の仕事の関係で(父はいない)、北京へと引っ越して来る。師匠役はジャッキー・チェン。ここで習う武術はカラテではなくて、もちろんカンフーだ。ジャッキーのデビュー以来からのファンである私には白髪交じりの髪に皺の刻まれた顔はちょっとショックだった。おそらく、彼の最盛期の素早く繰り出されるカンフーアクションは見られないだろうと思いつつの鑑賞。

しかし、派手なアクションはなかったものの彼のカンフーは健在であることを私達ファンに見せてくれた作品だった。相手が少年達であるとは言え。もちろん、主人公は少年であるジェイデン。彼に花を持たせる内容になっているし、カンフーのトレーニングをかなり積んで作品に挑んだであろう姿も十分伝わってくる。

だが、やはりこの映画はジャッキーの映画だと私はそう思う。例えば、時代劇の「水戸黄門」のように安心して見られる作品であり、”一生懸命”や一見全く関係ないことに見えても実はすべてが繋がっていて無駄なことは”ひとつもない”ことや、”勝つのは己にであって相手ではない”ことや、すべての人が大切に生きていかなくてはいけないことを、これまでのジャッキーの作品同様に全部詰め込まれた「ベスト・キッド」なのだ。もちろん、ジャッキー映画の”お約束”もちゃんとあるので、エンドロールを最後まで観るのもお忘れなく。(2012/12/20)

追記:1984年版のオリジナル作品と同名タイトルなので、こちらは区別するために(2010年)と付けました。(2019/07/07)

ベスト・キッド(2010年)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です