時空刑事1973②

Life On Mars 出演者とキャストについて

ジョン・シム(サム・タイラー役)
日本ではまだあまり知られていないと思うが、昨年(2008年)はNHKで「ステート・オブ・プレイ」が放送されたので、チェックしている人もいるのでは?
ジョン演じるサムは2006年の警部である。年齢の設定は不明だが(多分30代)、警部なんだから、なかなか優秀な警官なのだろうと想像する。現代の機器を駆使して犯人を追い詰め事件を解決するサムが飛び込んだ1973年。子供時代のおぼろげな記憶も甦ってくる。何か嫌な思い出を封じ込めているトラウマ男の印象だ。恋人のマヤのことだけでなく、その自分の過去も今回のタイムスリップに関係していると考えるのだが……。ドラマではこの辺りがあいまいなまま終わってしまった。その後がどうなったか知りたい。

Check! 「華麗なるペテン師たち」でも主人公のミッキーが革の黒ジャケットを着ていたが、サムも終始愛用。イギリスでは一般的に愛用される素材なのかわからないけど、スリムな二人が着ているだけにかっこいい。これが似合う日本人はなかなかいないだろうと思うが、中に着ている派手な柄のシャツも外人だからこそのアイテム、だよね。ちなみにこの派手さ加減は「FBI失踪者を追え!」のマーチン(エリック・クロース)とダニー(エンリケ・ムルシアーノ)も同様だ。すごーくかっこいいけど、どう考えても彼らだからこそと言える。公務員なのにあの派手さは問題にならないのかとちょっと考えちゃうけど。

フィリップ・グレニスター(ジーン・ハント役)
私はこの番組ではジョン・シム以外の俳優は知らないが、グレニスターは前述のようにこのあと「Ashes To Ashes」にも出演しているので、本国では人気スターなのではないかと思う。
グレニスター演じるハント警部は感想欄でも述べた通り、現代なら降格させられそうな言動の警部である。言動だけじゃなく、その体型も健康的ではないから、企業によっては体脂肪を落として「健康」の太鼓判をもらわないと役職から解く、なんて通告もされかねない、この頃ならではの上司とも言えるかもしれない。正直なところスマートな上司ではない彼は、例えば「上司になってほしいNo.1」には選ばれないタイプだが、慣れると案外付き合いやすい人とも言えたりして……。正反対とも言えるサムと一緒に事件を解決していくハントだが、当然、意見も違い捜査方法も違うので反発し(サムからすれば、明らかに法律違反で職責を問われるようなやり方もするため、より反発する)喧嘩になり、どうなっちゃうのかと心配にはなるが、最後は二人で解決に至るあたり、結局はサムの実力を認めているのかな? と感じたりもするが……。一度も登場しなかった「妻」が、どんな人か見てみたかった。ハント自身の過去にも家族のトラブルがあって、トラウマになっていることがあるシーンが出てくるが、その辺のストーリーを別バージョン(スピンアウト番組として)で見たいなあ。

Check! ハントの衣装が派手に見えるのは(ネクタイの柄もなかなか……。立体的な顔立ちの西洋人ゆえか?)、日本の公務員の服装が地味なせいか? こんな服装の刑事はきっと日本にはいない。基本的に公務員だけじゃなく、日本では柄や濃い色ののシャツは着ないという暗黙のルールのようなものがある(まあ、着ても似合う人も少ないとは思うが)。同様にスーツも同じだろう。チェック柄や太いストライプのスーツは着用しないものだ。ピンストライプでさえ、ぎりぎりのボーダーラインということろか。イギリスはどうなんだろう? 車の運転も非常に荒い。「西部警察」やその前後の刑事ものドラマを思い出す。その辺も妙に親近感を抱かせる。それにおそらく無類の酒好きであろうと推測できる。それが天の助けか彼の命を救うことになるのも、やはり酒好きならでは?

リズ・ホワイト(アニー・カートライト役)
とても肉感的な感じのする女優である。太ってはいないが、多分スリムがもてはやされる現代には合わないのかも、とも感じる。だが、イギリスは若い女性の痩せすぎに関心を持っている国とのことだがら、今は違うのかな。親しみの持てる雰囲気で可愛らしい女優。70年代流行の髪形、衣装がとても似合っている。婦人警官の制服も素敵だ。

ディーン・アンドリュース(レイ・カーリング役)
ハントの部下のレイは煙草ばかり吸っていて、仕事もあまり真面目にやっているようには見えない。見た目や態度も反抗的な印象だし、仕事できるのかなあ、とも思う。明らかにサムのことを嫌っているし。そんなレイを演じているアンドリュースは、グレニスター同様に「Ashes To Ashes」にもレイ役で出演しているとのこと。80年代のレイ! どんな風になっているのか是非見たい。

マーシャル・ランカスター(クリス・スケルトン役)
若いクリスは毛色の違うサムに興味を持ち、尊敬もしているようだが、トロいのか、ちょっと抜けているのか刑事に向くタイプには見えない。現場よりもデスク向きのひょろっとした弱々しげな印象は、がたいのいいハントともレイとも違って、その中にいるとある意味目立つ。まだ若いクリスは今後の成長が楽しみだという感じも抱かせ、それゆえに80年代のクリスが気になる。

時空刑事1973①へ戻る

時空刑事1973②” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です