プリズン・ブレイク⑤

第3シーズン 無法地帯からの脱出と愛する者の救出 2007~2008年
第2シーズンのラスト、マイケルはパナマで逮捕され、刑務官のいない無法地帯とも言える“SONA(ソーナ)”に収容された。ここの運営は囚人達だけで行っているが、出入り口は厳重に管理されており、24時間の監視付きだ。当然、脱獄は不可能と言われている。フォックスリバー刑務所よりも酷い環境に置かれたマイケルを今度は自分が救うべく立ち上がるリンカーンではあるが、危険が漂う謎の女スーザンから「マイケルをウィスラーという人物と一緒に脱獄させろ。期限は1週間だ」と一方的に迫られる。LJとサラを人質にとられたマイケルとリンカーンは、一人での脱獄も難しいところで、いったいどのように見ず知らずの男と一緒に脱獄を計るのか? LJとサラを救うためにも成功させるしかない。第1、第2シーズンよりも更に極限状態の中で、時に感情を露わにして、マイケルの天才的頭脳はひらめきを増していく。


第3シーズンのキーパーソン
ジェームズ・ウィスラー
市長の息子を殺した罪で収容されている自称漁師。実は秘密組織が彼を狙っている。その理由や彼の正体は? 大切にしている本にはどんな秘密があるのか?
演じたのは、 クリス・ヴァンス。英国出身のクリスは、「プリズン・ブレイク」では囚人役であるので無精ひげや囚人服ではあるけれど、やはり正統派二枚目俳優と言えるのでは、と思う。「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」にも怪しげなフリーのスパイ、ギルロイ役で登場していたが(第3シーズン)、主演作は映画「トランスポーター」のドラマ版と言える「トランスポーター ザ・シリーズ ニューミッション」のフランク役。ジェイソン・ステイサム主演での映画版に比べて、かなり甘い印象のフランク役でややボンドを思わせた。個人的にはストイック気味な映画のフランクの方が私好みかなあ。(2019/09/16)

ソフィア・ルーゴ
ウィスラーの恋人で彼を脱獄させるために、リンカーンに協力を申し出る
演じたのは、ダナイ・ガルシア

スーザン・B・アンソニー
別名グレッチェン。組織の連絡係であるだけでなく、格闘技にもたけ度胸も男顔負けの凄腕で冷酷な工作員。ウィスラー脱獄を成功させるためにマイケルやリンカーンを見張り、そのためにはサラとLJを人質にして拷問も厭わない。肉体的にも精神的にも狂人はスーザンは、このシリーズの後も登場し、マイケルやサラを苦しめる。
演じたのは、ジョディ・リン・オキーフ(2019/09/16)

プリズン・ブレイク⑥ファイナル・シーズン
プリズン・ブレイク⑦ファイナルブレイク
プリズン・ブレイク⑧第5シーズン

プリズン・ブレイク TOPへ戻る
プリズン・ブレイク②第1シーズンと登場人物について
プリズン・ブレイク③第1シーズンに登場する塀の中の人たち
プリズン・ブレイク④第2シーズンとキーパーソン

 

プリズン・ブレイク⑤” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です