リベンジ①

REVENGE 2011~2015年 アメリカ

このドラマについて
 無実の罪で死に追いやられた父の敵討ちのために復讐する娘の話。簡単に言えば、そういうドラマ。でも、連続ドラマだけあって話は複雑に絡み合い、娘の思っていた以上に大きな復讐劇の展開となっていく。

グレイソン・グローバルの会社役員だったデビッド・クラークは娘アマンダと二人暮らし(※母のカーラについては下記参照)。仕事を任されている有能なデビッドであったが、ある日突然FBIがやって来て彼を逮捕する。飛行機爆破事故というテロの犯人だというのだ。証拠も証人もすべてがデビッドの仕業だと示し、無実を主張するデビッドには有罪判決が。娘のアマンダも保護者がいなくなったことで施設送りとなってしまう。

この事件の真犯人はデビッドの上司のコンラッド・グレイソンとその妻ヴィクトリアだったのだが、権力とお金にものを言わせ、コンラッドの部下であり、そしてヴィクトリアの不倫相手であった隣に住むデビッドに犯人としての白羽の矢が立てられたのだ。

訳もわからず父と引き離され、愛犬サミーとも別れ施設に収容された少女アマンダは、そこでカウンセラーから執拗に「父は大勢の人を殺した悪い人間」と言い聞かされ、更に施設を出た後も里親の元で酷い扱いを受けて育って転落の一途。少年刑務所に入ってしまうまでに……。


父を恨んで成長したアマンダだったが、少年刑務所を出たときに迎えに来ていた青年ノーラン・ロスにより、父の無実を信じるようになる。ノーランはコンピュータの天才であり、今や事業に成功して世界の長者番付トップ10に名を連ねる億万長者。それはデビッドがノーランの才能を信じて投資してくれたおかげ。恩義に感じるノーランはデビッドの無実と娘への遺言を託されていたのだ。

それは、「アマンダにはすべてを許し、幸せになって欲しい」ということ。だが、父の残した日記や証拠品を見たアマンダは気持ちを抑えることは出来ず、過去を忘れて生きる道ではなく、父の仇討ちにその身を投じることを選ぶ。

かくして、父が投資したノーランの会社ノルコーブの株により莫大な遺産を受け取ったアマンダは、幼い頃に両親を交通事故で亡くした慈善事業家エミリー・ソーンとして、かつての我が家があるハンプトンに戻ってきた。上流階級のたしなみや知性のみならず、格闘術も身につけ、新たな経歴を持つミステリアスな美女エミリーとして。ノーランの力を借りて、父を陥れ、今もなお、その罪の上にのさばり、強欲をむさぼり続けている人々を失脚させるために。


※アマンダの母カーラ(演じるのはジェニファー・ジェイソン・リー。これまた懐かしい。今回はちょっとおばちゃん風になっていて残念! 本サイトでは「ミセス・パーカー ジャズエイジの華」と「ジョージア」を紹介)は最初は登場しない。死んだのかと思っていたら途中から登場し、周囲をかき回す。カーラはどうやら精神病でずっと入院していたらしい。娘アマンダの命を脅かす様子を見たデビッドはカーラを入院させて、アマンダには母は死んだように思わせていた節がある。でも実は現在は退院して別の男性と幸せに暮らしていた、といった展開になっていた。ヴィクトリアとの因縁がイマイチ不明だが、今後は登場するのことはないのか?

追記:現在、このドラマは終了し、管理人も全部観ることができたので、続きを更新したいところではあります。サイトの引っ越しが済んだのちの更新になりそうなので、しばらく先になりそう。ラストはエミリーは幸せをつかむ、ととりあえず書くけれど、一抹の不安がよぎるものでもありました。(2019/09/28)


日本での放送は第3シーズンまでがD-Lifeで放送が終了した。アメリカでは第4シーズンが始まるようだ。日本での放送は同チャンネルであるのだろうか、気になる。というのも、ラストは新たな局面を迎えるといった終わり方だったのだ。父の仇討ちは終わったかのように思えたが、実はそうではなくて、デビッドらしき人物が生きているかも? とか、アマンダが幸せだった頃の友人であり初恋の相手ジャックに危機が、とか、ノーランにも予想外の展開が起こりそうな雰囲気を残した最終回。このままでは日本のファンは消化不良を起こしてしまう。

最初は、なかなか面白そうというストーリー性だけでなく、単純にアマンダに武術を教えたデビッドの日本人の友人タケダの役を真田広之が演じているという理由で観たかった番組だ。当然、出番は少ない。過去の話として語られる部分と、第1シーズンでは数回、現代のシーンでの登場があっただけ。主人公の復讐劇、というスタンスは嫌いではないが、主人公が女性で連続ドラマの場合、当然ドロドロの人間模様が描かれるものになり、本来は私好みとは言い難い。

その点では、やっぱり好きじゃないドラマと言えるのだが、登場するキャラクターは非常に興味深く、エミリーのやり方も時に小気味いい。ドラマでありながら、映画のようなテンポのいい相手をやり込める方法もツボをくすぐる。そのあたりとストーリーとは関係ない美しいハンプトンの風景やお屋敷の様子が素敵!

ただ、第3シーズン終了まで観て感じたのは、話が大きくなり過ぎかな? だんだん本当に酷い目に遭った女の子が意地悪した相手に仕返しするといった単純な図式がよかったのに、それを追い越して、「目には目を」的な復讐の応酬劇のようになってきてちょっと「もうお腹いっぱい」気味になりつつあるもの事実。これまで地位や財産を失ったりする失脚だけでなく、何人もの人が死んでもいるけれど、エミリーとノーランが直接殺人をしたことはない。

相手を打ちのめすことは殺すことと別、という線引きのようなものがあったと思う。今後もその路線は守られるのか? とは言え、エミリーに協力したことで結果的に殺人に至ってしまった人達へのエミリーの罪はどうなるのか、などなど考えたら、正当性や正義といったものはなくなってしまうような………。

そして、やられたからやりかえす的な復讐劇を続けていても終わりはないし、今度はその子供達が復讐の仕返し、なんてことが繰り返される可能性も? 映画「キル・ビル」のように。泥沼化することにより、エミリーとノーランも、そしてジャックもコンラッドやビクトリアと同じ人間になってしまうのではないか、と思うとドラマとしての面白みも半減するかなあ、なんて私は感じてしまうのだが、いかがであろうか。第4シーズンの展開によるところでしょうか。早く観たい!(2014/09/17)

リベンジ② 出演者とキャストについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です