Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

ガブリエル・マン

ガブリエル・マン Gabriel Mann

画像の説明

 1972年生まれ。ということは、もうそんなに若くはないんだ、と感じるのだが、「リベンジ」で観ていると結構若く見える。若作りしている風でもないのだが、身長が190㎝近いとのことで、その長身といかにも外国人のルックスで絶対に日本人は着ないような派手な服や柄もかっこよく着こなしているのが、若く見える秘訣? この番組では第1シーズンのはじめの頃は、アキバ系のパソコンオタクっぽい印象で冴えない兄ちゃんのようにも見えたが、番組が進むにつれてガブリエル演じるノーランもおしゃれさんに変身。モデル出身というのだから、洋服をかっこよく着こなせるのは当たり前、とも言えるのだが、さすがに彼の服装は「救命医ハンク セレブ診療ファイル」(すみません、まだUPしてません)のエヴァン同様に日本人にはちょっと無理。
 今では日本でも結構知られた俳優にはなったと思うのだが、残念ながら出演作品自体は日本ではそれほど話題になってないかなあ? 「ラーメンガール」はブリタニー・マーフィと西田敏行の共演が話題にはなっていたけど、「ボーン」シリーズでは私は気がつかなかった。もう一度観なくては、という感じ。「クリスティーナ・リッチの ピンク・モーテル」はクリスティーナ・リッチが、「インシデント」はやはりブリタニー・マーフィとマイケル・ビーンが、「プッシーキャッツ」はレイチェル・リー・クック、アラン・カミング、前出のエヴァンを演じたパウロ・コスタンゾが共演作だが日本では未公開。レンタルビデオになっていたのか?
 無名俳優の将来性チェックには自信のある私と手は「ボーン」シリーズあたりでチェックしておきたかった俳優だけど、これから今後を大いに期待したい一人。私としては彼は英国人っぽい人だとずっと思っていたので、英国人役でイギリスの映画に出て欲しいなあ……。

おもな出演作品

1996~1997年 「ER III 緊急救命室」(第3シーズン ゲスト出演)
1998年 「ハイ・アート 」
1999年 「クリスティーナ・リッチの ピンク・モーテル」
2000年 「インシデント」
2001年 「戦争のはじめかた 」
2001年 「プッシーキャッツ」
2002年 「ボーン・アイデンティティー」
2002年 「ケイティ 」
2003年 「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」
2004年 「ボーン・スプレマシー」
2005年 「アメリカ,家族のいる風景 」
2005年 「最後に恋に勝つルール」
2008年 「ラーメンガール 」
2008年 「MAD MEN マッドメン」(第2シーズン ゲスト出演)
2008年 「アドレナリンEX 」
2011~2012年 「リベンジ」(シーズン1)
2012~2013年 「リベンジ」(シーズン2)
2013~2014年 「リベンジ」(シーズン3)ほか

starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional