Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

クリスチャン・ベイル

クリスチャン・ベール Christian Bale

画像の説明

 1974年1月30日生まれ。英国出身。正統派二枚目と言ってもいい、クリスチャン。彼の「若草物語」での役はローリー。私には深い思い入れのある本の一つでもある「若草物語」の映画化は何度もされているが、感想の方でも述べた通り、この作品が一番私のイメージに合っているし、キャストもよかった。特に男性陣は。日本でも有名なジューン・アリスン主演のものとキャサリン・ヘップバーン主演の作品の方では、私のイメージするローリーとはほど遠く、青年らしくなかっただけに、クリスチャンのローリー役は新鮮でさえあった。
 子役から大人になって成功するのは難しいと言われている芸能界。クリスチャンは「太陽の帝国」でのデビューが非常に印象的だった。今でもラストで日本兵に敬礼する愛らしい少年の姿がありありと甦る。その彼は大ヒット作や大作メジャー作品に連続出演とは言わないまでも、確実に順調にステップアップし、ついに大ヒット作のキャラクターでもある、「バットマン」のブルース・ウェイン役(「バットマン・ビギンズ」)、「ターミネーター」のジョン・コナー役(「ターミネーター4」)を演じ、「ザ・ファイター」では2010年アカデミー賞助演男優賞を受賞した。今後も大いなる期待が出来る俳優の一人と言えそうだ。私個人としては、是非、再び文芸作品の映画化でクリスチャンの姿を拝見したいなあ~。

おもな出演作品

1987年 「太陽の帝国 」
1989年 「ヘンリー五世 」
1992年 「ニュージーズ」
1993年 「スウィング・キッズ 」
1994年 「若草物語
1995年 「ポカホンタス 」(声の出演)
1996年 「ある貴婦人の肖像」
1996年 「シークレット・エージェント」
1998年 「ベルベット・ゴールドマイン 」
1998年 「コーンウォールの森へ」

1999年 「真夏の夜の夢」
2000年 「シャフト 」
2000年 「アメリカン・サイコ」
2001年 「コレリ大尉のマンドリン 」
2002年 「リベリオン 」
2002年 「サラマンダー」
2002年 「しあわせの法則 」
2004年 「マシニスト 」
2005年 「バットマン ビギンズ」
2005年 「ニュー・ワールド 」
2005年 「バッドタイム 」兼製作総指揮

2006年 「プレステージ」
2007年 「アイム・ノット・ゼア 」
2007年 「3時10分、決断のとき 」
2008年 「ダークナイト 」
2009年 「ターミネーター4」
2009年 「パブリック・エネミーズ」
2010年 「ザ・ファイター」
2012年 「ダークナイト ライジング」
2013年 「アメリカン・ハッスル」
2013年 「ファーナス/決別の朝」
2014年 「エクソダス:神と王」
2015年 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
2015年 「聖杯たちの騎士」ほか

starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional