Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

ジム・カヴィーゼル

ジム・カヴィーゼル Jim Caviezel

画像の説明

 1968年生まれ。背の高い人だなあ、と思っていたら、バスケットボールをしていたということで、仮にその道のプロになっていたとしても、これだけかっこよければ、また人気が出そう。映画デビューは「マイ・プライベート・アイダホ」の端役とのこと。この映画、観たけど、ジムの存在はまったく記憶にない。端役ということだから、かなり小さい役? それとも私がリバーとキアヌに目を奪われていたせいで気がつかなかった? その後の「ミッドナイト・スティング」、「ワイアット・アープ」、「ザ・ロック」「G.I.ジェーン」、「ペイ・フォワード 可能の王国」、「ハイ・クライムズ」と結構観ていたのに記憶にないなんて! 注目されたのは、テレンス・マリック監督の「シン・レッド・ライン」のようだが(私は未見)、メル・ギブソン監督の「パッション」のヒットでキリスト役を演じたジムもかなり日本にも知られた? これは未見なのでこの作品を観ていたら、私もチェックしていたのか? う~ん、それじゃ、先に目を付けて人気が出るのを愉しんでいる私としては悔しいところ。俳優としてのデビューはすごく遅いわけじゃないと思うけど、日本でも公開されている映画に出ていながら認知度はいまいちだったことを考えると遅咲きの人と言えそう。でも、その分、今後が期待とも言える。私はジョン・リース役がぴったりだなあ、と思うけど、アクションじゃない彼も観てみたいかも。

おもな出演作品

1991年 「マイ・プライベート・アイダホ」
1992年 「ミッドナイト・スティング」
1994年 「ワイアット・アープ」
1996年 「ザ・ロック」
1997年 「G.I.ジェーン」
1998年 「シン・レッド・ライン」
1999年 「楽園をください」
2000年 「オーロラの彼方へ」
2001年 「ペイ・フォワード 可能の王国」
2001年 「エンジェル・アイズ」
2002年 「ハイ・クライムズ」

2002年 「モンテ・クリスト伯」
2003年 「ハイウェイマン」
2004年 「パッション」
2004年 「アイ・アム・デビッド」
2004年 「ファイナル・カット」
2006年 「unknown アンノウン」
2006年 「デジャヴ 」
2009年 「プリズナー No.6」(TV)
2011~2013年 「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット」(TVシリーズ 第1~2シーズン)
2013年 「大脱出」
2013~2014年 「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット」(TVシリーズ 第3シーズン
2014年 「コーチ・ラドスール 無敵と呼ばれた男」
2014~2016年 「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット」(TVシリーズ 第4~5シーズン)ほか


starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional