Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

ジョシュ・デュアメル

ジョシュ・デュアメル Josh Duhamel

画像の説明

 1972年生まれ。この人を知ったのは海外ドラマ「ラスベガス」。ドラマコーナーで取り上げたいと思いつつ先延ばしになっているドラマだが、ラスベガスのホテル、モンテシートの支配人エド役にジェームズ・カーン、その妻にシェリル・ラッドという配役が気になって見ようと思ったドラマだ。そこに出ていた二人のイケメン俳優の内の一人がジョシュ(もう一人のジェームズ・レジャーもいずれ取り上げたいと思っているのだが)。ホテルモンテシートの警備を担当しているエドの信頼も厚いダニー役。
 その後、「トランスフォーマー」のレノックス大尉役でもかっこいい姿を見せてくれた。近年、映画への出演が増えているようでもあるが、日本での公開はひっそりと行われているのか、予告編等も見かけないまま過ぎてしまった。レンタルかテレビ放送に期待? 私はまあまあ気になっている俳優なのだが、もう一皮むけると生き残り厳しいハリウッドで中堅俳優としての立ち位置を保てる? マイケル・ウェザリーに似ている気がしてならないのだが、どうかな? どっちも好きです。

追記:現在、日本ではFOX TVで「バトル・クリーク 格差警察署」が放送中。ここではイケメンでとってもいい人でエリートのFBI捜査官役。その彼が田舎町バトル・クリークの警察署内にできたFBIの支部(いや出張所かな)に配属されて、警察と協力して事件を解決する話。髪をぴったりと撫でつけて、ぱりっとスーツを着こなし、ハイテクを駆使して事件をスマートに解決するミルト役が、これまたはまってる。ラフな印象の「トランスフォーマー」での軍人レノックス役もすごくかっこよかったけど、都会的なミルトもいける。どっちがいいかなあ~、悩む‥‥(2015/09/21)。

追記:今夏日本公開の「トランスフォーマー/最後の騎士王」、観に行きませんでした。どうも主役が交代し、別の話になってから「トランスフォーマー」への興味が薄れてしまったからです。やはり、あの少年いや青年サムが主人公であのサムの両親が出ていた方が楽しかった。何よりレノックスが出てなかったので私の興味半減でしたが、この作品に出ていたとは! チェックが足りてなかった、と公開。彼を観るために劇場に行ったのに! と今更ながら……。テレビ放送したら絶対に録画します。(2017/10/29)

おもな出演作品

2003~2004年 「ラスベガス」(TVシリーズ 第1シーズン)
2004~2005年 「ラスベガス」(TVシリーズ 第2シーズン)
2004~2005年 「女検死医ジョーダン」(TVシリーズ 第4シーズンに「ラスベガス」のダニー・マッコイ役でゲスト出演)
2005~2006年 「ラスベガス」(TVシリーズ 第シーズン3)
2005~2006年 「女検死医ジョーダン」(TVシリーズ 第5シーズンに「ラスベガス」のダニー・マッコイ役でゲスト出演)
2006~2007年 「ラスベガス」(TVシリーズ 第4シーズン)
2007年 「トランスフォーマー」
2007年 「女検死医ジョーダン」(TVシリーズ 第6シーズンに「ラスベガス」のダニー・マッコイ役でゲスト出演)
2007~2008年 「ラスベガス」(TVシリーズ 第5シーズン)
2009年 「トランスフォーマー/リベンジ 」

2010年 「ラモーナのおきて」
2010年 「選ばれる女にナル3つの方法」
2010年 「かぞくはじめました
2010年 「みんな私に恋をする」
2011年 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
2011年 「ニューイヤーズ・イブ」
2011年 「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」
2013年 「ムービー43」
2013年 「セイフ ヘイヴン」ほか
2014年 「サヨナラの代わりに」
2015年 「バトル・クリーク 格差警察署」(TV)
2017年 「トランスフォーマー/最後の騎士王」ほか

starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional