Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

ティモシー・ハットン

ティモシー・ハットン Timothy Hutton

画像の説明

 1960年8月16日生まれ。1979年に死亡した俳優のジム・ハットンが父親。テレビ出演などした後に、1980年のロバート・レッドフォード監督の「普通の人々」で映画デビュー。この作品でアカデミー助演男優賞を受賞し、一躍注目の若手俳優となった。ショーン・ペントム・クルーズと共演した「タップス」、ショーンと再共演を果たした「コードネームはファルコン」など、話題を呼んだ作品もあるものの、その後はやや不調気味。「普通の人々」でえらく衝撃を受け、密かにずっとファンを続けていた私にとって、今回の大ヒットはテレビでのブレイクとはいえ非常に嬉しい。苦しいほど切ない青年コンラッドを「普通の人々」演じた彼の澄んだブルーの瞳は、今も健在であったとネイサン役を見て思う。ネイサンは、息子を失った中年男だが、苦しい切なさを秘めているところは同じ。「誠実」、「純粋」、そんな言葉を連想させる俳優だよなあ、と再び実感してしまうのだ。映画での彼をまた見たいけど、当たり役となったネイサンをずっと見たい、そんな気持ちも抱かせる、やはり素敵な俳優のひとりだ。

おもな出演作品

1980年 「普通の人々」
1981年 「タップス」
1981年 「ロングウェイ・ホーム」
1984年 「アイスマン」
1985年 「コードネームはファルコン」
1987年 「メイド・イン・ヘブン 」
1988年 「熱き愛に時は流れて」
1988年 「デスティニー/愛は果てしなく」
1988年 「新・世にも不思議なアメージング・ストーリー5」 (TV) 監督/原案
1990年 「Q&A」

1993年 「ダーク・ハーフ」
1993年 「派遣秘書」
1995年 「フレンチ・キス」
1995年 「ビューティフル・ガールズ」
1997年 「バッドデイズ」
1997年 「ウィズ・ユー」 監督
1997年 「不法執刀」
1999年 「将軍の娘/エリザベス・キャンベル」
2000年 「計画殺人 修正条項第1条」 (TVM)
2004年 「シークレット ウインドウ」
2004年 「愛についてのキンゼイ・レポート」

2004年 「5デイズ」 (TVM)
2006年 「グッド・シェパード」
2006年 「ラスト・ホリデイ」
2006~2007年 「キッドナップ」(TV)
2008年 「実験室KR-13」
2008~2009年 「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」第1シーズン(TVシリーズ)
2009年 「メグ・ライアンの 男と女の取扱説明書」
2009~2010年 「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」第2シーズン(TVシリーズ)
2010年 「ゴーストライター」
2010年 「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」第3シーズン(TVシリーズ)
2011~2012年 「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」第4シーズン(TVシリーズ)
2012年 「レバレッジ ~詐欺師たちの流儀」第5シーズン(TVシリーズ)
2015年 「アメリカン・クライム」ほか

starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional