Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

デビッド・モース

デビッド・モース David Morse

画像の説明

 1953 年10月11日生。ボストン・レパートリー・シアターで演技を学んだあと、ニューヨークでテレビや舞台などの仕事していたが、82年のテレビ番組「セント・エルスウェア」では演出も手がけた。映画デビューは80年の「インサイド・ムービーズ」だが、注目されだしたのは90年の「逃亡者」(ミッッキー・ローク主演)から。その後、活躍の場を映画界に移し、貴重な脇役としてその存在感をアピールしている。
 私が彼のファンになったのは、91年のショーン・ペン初監督作品「インディアン・ランナー」。デビッドは主演の警察官の兄役、弟役にはヴィゴー・モーテンセンだった。内容もさることならが、デビッドにくらりときた私は、以来、密かに彼を応援しつづけてきたのだ。
 「交渉人」では、やたらと武力行使したがる血の気の多い隊長という役で「インディアン・ランナー」で演じた警官役とは随分違うが、脇役だと言うのにとにかく目立つ(体が大きいというせいだけじゃなく)彼は今後も十分に期待大の俳優なのだと実感した作品でもあった。寡黙な男の役が多いように思うが(全作品を観ているわけではないので、あくまでも印象が大きいか?)、主役もやるし、脇役をやってもそれではまる。やはり貴重な俳優といえるのではないだろうか。2012年9月8日にはNHK制作のドラマ「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田 茂~ 」が全5話で放送されるが、マッカーサー役。吉田茂役は渡辺謙。この二人の共演が日本のテレビドラマで観られるとは、何だか嬉しい気持ちだ。

おもな出演作品

1983年 「ニール・サイモンの キャッシュマン 」
1990年 「逃亡者」
1991年 「インディアン・ランナー」
1993年 「危険な遊び」
1994年 「ゲッタウェイ 」
1995年 「12モンキーズ 」
1995年 「クロッシング・ガード」
1996年 「ザ・ロック 」
1996年 「ロング・キス・グッドナイト 」
1996年 「ボディ・バンク 」
1997年 「コンタクト 」

1998年 「交渉人
1999年 「グリーンマイル 」
2000年 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
2000年 「プルーフ・オブ・ライフ
2001年 「アトランティスのこころ」
2005年 「ダウン・イン・ザ・バレー 」
2006年 「16ブロック」
2007年 「ディスタービア 」
2008年 「パッセンジャーズ」
2008年 「ハート・ロッカー 」
2010年 「シャンハイ」

2012年 「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田 茂~ 」(TVドラマ NHK)
2012年 「ティモシーの小さな奇跡」
2013年 「ワールド・ウォーZ」
2013年 「ホーンズ 容疑者と告白の角」ほか
ほか

starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional