Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

バウンド

バウンド」(原題:Bound)1996年 米

  • 監督:ラリー・ウォッシャウスキー、アンディー・ウォッシャウスキー
  • 出演:ジェニファー・ティリー、ジーナ・ガーション、ジョー・パントリアーノ、ジョン・P・ライアン
     
画像の説明

 監督のウォシャウスキー兄弟は「暗殺者」の脚本を書いた人ということ。それから想像するとおり、女二人が主人公のこの映画も、かなりハードなもの。出所したばかりの女泥棒コーキーはマフィアの男から部屋の内装工事を頼まれて、隣に住むヴァイオレットと知り合い、お互い惹かれ合う。ヴァイオレットは、やはりマフィアの妻であり、そこでは大金が動いていて二人はそのお金を奪ってこの生活から脱出しようと計画するが……というストーリーで、アクションが激しいだけじゃなく、ヴァイオレットもコーキーもなかなかのしたたか者。とても並の女には出来ないことをやってのけます。もちろん、それは命がけ。マフィアの妻と5年間刑務所にいた女泥棒とくれば、当然とも言えるけど……。
 「同性愛で事件」、というと、私には『乙女の祈り』が印象的だったけど、それが少女の犯罪なのに対し、こちらは大人の女。「あなただけ」、「絶対秘密よ」と言っても可愛いとか純情とかいうくくりだけでは収まらない。二人の間にもかけひきがあるし、お互いが自分を自分で守るという厳しさも加わって少女マンガチックではないところにまた、監督が男性だというのを感じさせます。とはいえ、『乙女の祈り』の方は、実際にあった事件を映画化した作品だから、少女の犯罪が題材と言っても恐ろしいものがありますね。
 それにしても、ヴァイオレットとコーキーとの、また二人が金を奪おうと企むマフィアとの、そしてヴァイオレットの夫との駆け引きが、かなりスリリング! 脚本もよくできていると思います。この手の作品は本当は私好みではないのですが、終始ドキドキものでラストを迎えました。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional