Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

マット・ディロン

マット・ディロン Matt Dillon

画像の説明

 1964年生まれ。マットと言えば、ある年代にとってはアイドル的存在。何と言っても「アウトサイダー」での不良少年役が衝撃的だった。以後、コッポラ監督との作品が話題となり、彼を含む特定の俳優達をひっくるめて「ブラットパック」という呼び名までつけられた。日本ではYAスターという言い方もされていたが、その彼等が現在も頑張って活躍しているのはファンの一人として非常に嬉しい。ブラットパックの中ではトム・クルーズのみが大スターの仲間入りを果たして、誰もが知っている俳優になったが、マットを含め他の俳優達は自分なりの俳優道を進んでいると思う。私としてはこのサイトの中にブラットパックコーナーを設けたいと思っているのだが、実現はもう少し先になりそう。
 現在、マットの新作「アーマード 武装地帯」が日本で公開中。骨っぽい印象のマットらしくハードな作品のようだ。

おもな出演作品

1978年 「レベルポイント」
1980年 「リトル・ダーリング」、「マイ・ボディガード」
1982年 「初恋物語」、「テックス」、「アウトサイダー」、「ランブルフィッシュ」
1984年 「フラミンゴ・キッド」
1985年 「レベル・反逆者」、「ターゲット」
1986年 「ネイティブ・サン」
1987年 「ビッグ・タウン」、「ディア・アメリカ/戦場からの手紙」(声の出演)
1988年 「ワンナイト・オブ・ブロードウェイ」、「カンザス/カンザス経由→N.Y.行き」、「ドラッグストア・カウボーイ」

1991年 「フィッシング・ウィズ・ジョン」、「死の接吻」、「男が女を愛する時」(TVM)、「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」
1992年 「シングルス」
1993年 「聖者の眠る街」、「最高の恋人」
1995年 「ビューティフル・ガールズ」、「誘う女」、「フランキー・スターライト 世界で一番素敵な恋」
1996年 「アルビノ・アリゲーター」、「グレイス・オブ・マイ・ハート
1997年 「イン&アウト
1997~2003年 「OZ/オズ」(TVドラマ 監督)
1998年 「ワイルドシングス」、「メリーに首ったけ」
2001年 「ジュエルに気をつけろ!」

2002年 「シティ・オブ・ゴースト」(監督兼脚本兼出演)、「デュースワイルド」
2004年 「バイバイ、ママ」、「クラッシュ」
2005年 「酔いどれ詩人になるまえに」、「ハービー/機械じかけのキューピッド」
2006年 「ペレを買った男」(ナレーション)、「LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー」、「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」
2009年 「オールド・ドッグ」、「アーマード 武装地帯」
2010年 「テイカーズ 」
2010~2011年 「モダン・ファミリー」(TVシリーズ 第2シーズンゲスト出演)

2013年 「スティーラーズ」、「マイ・ライフ・メモリー」、「エージェント・スティール」
2015年 「ウェイワード・パインズ 出口のない街」
2017年 「ジーサンズ/はじめての強盗」ほか


starlight cafeへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional