Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

味わい深いヒューマンドラマ

味わい深いヒューマンドラマ

「インディアン・ランナー」(1991年)米 The Indian Runner

監督:ショーン・ペン
出演: デビッド・モース、ヴィゴー・モーテンセン、ヴァレリア・ゴリノ
 ハリウッドの問題児的存在だったショーン・ペンの第一回監督作品。保安官の兄とベトナム戦争から戻ったチンピラの弟の人生を描いたもので、あまり明るいテーマではないが、考えさせられ心に残る作品。主演の二人は今やスターとも言える俳優になったが、この当時はほとんど無名。脇をチャールズ・ブロンソンやデニス・ホッパーが固め、共演女優のヴァレリア・ゴリノやパトリシア・アークウェトも今やスターの仲間入りを果たした。出演者を見るだけでも一見の価値あり。

「靴をなくした天使」(1992年)米 Hero Accidental Hero

監督:スティーブン・フリアーズ
出演: ダスティン・ホフマン、アンディ・ガルシア、ジーナ・デイビス
 墜落した燃えさかる飛行機から成り行きで人命救助をしたケチなコソ泥にホフマン、偶然この機に乗って、その行為に感動し彼をの残した片方の靴でその人物を探すレポーターにデイビス、名乗り出た男はガルシア、と「シンデレラ・ストーリーのようだが、ピリッとスパイスの効いたハートウォーミング・コメディ。ホフマンの冴えないパパぶりと嘘つき野郎のはずなのに憎めない本当は正直な男のガルシアが好演。

「リバー・ランズ・スルーイット」(1992年)米 A River Runs Through It

監督:ロバート・レッドフォード
出演: ブラッド・ピット、グレイグ・シェーファー、エミリー・ロイド
トム・スケリット
 今でこそ、大スターのブラピの名を世界に知らしめた作品と言っていいかも。ノーマン・マクリーンの原作。モンタナの田舎町を舞台に牧師の家庭に生まれた対照的な兄弟を描く。当時は出演者には大スターはおらず、内容も派手ではないし、レッドフォードの演出に媚もない。美しい映像が彼の丁寧な演出に重なって心に響く。日本公開当時は12館でのロードショーという単館扱いだった。独立系の小品には味わい深いいい作品があったりするので、私は好きだが、大作と言う感じではないので万人に受けるかどうかはかわらない。スターも出てないし、ということで単館扱いだったのかもしれないけど、結果的には大ヒット作となった。もちろん、レッドフォード似の端正な顔立ちのブラピがこの役にぴったりだったせいもあるだろうが、脚本と演出の力なくしては…と感じたのは私だけではないと思う。フライフィッシングのシーンは本当に美しい!

「ピーターズ・フレンズ」(1992年)英・米 Peter's Friends

監督:ケネス・ブラナー
出演: スティーヴン・フライ、ケネス・ブラナー、エマ・トンプソン
 大学時代の演劇部の仲間の10年後の再会を描いたもので、年末の3日間のお話。私はブラナーの作品はほとんどが気にいているので、どれも選びがたいけど、彼自身がかなり個人的な作品と言っているこの作品をここでは取り上げたい。確かにそんな雰囲気の漂う映画ではあるが、10年の変化と友情を考えたくなる1 本と言えると思う。30歳代前半を経験した人なら、共感あり、同情あり、異議ありだろうし、それ以前の人達にとっても今の自分と数年後の自分とに思いをはせるひとときとなるのではないだろうか。バックに流れる80年代ミュージックも私には懐かしい。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional