Theater 5418では女性の生き方を描く映画や海外ドラマ、興味深い歴史上の女性をジャンルを問わず紹介(不定期) どうぞ、お楽しみください

英雄伝

英雄伝 「ワイアット・アープ」と「トゥームストーン」

 ワイアットの映画はたくさんあって、人それぞれでお気に入りもあること思う。私がここで取り上げるのは、日本では同時期のロードショーとなって話題とよんだローレンス・カスダン監督の1994年作品の「ワイアット・アープ」(Wyatt Earp) とG・P・コスマトス監督の1993年作品「トゥームストーン」(Tombstone)。
 注目したい点は、どちらの作品も共に有名なOKコラルでの決闘シーンがラストになっていないことだ。そして、どちらもかなり史実に忠実ということ。「ワイアット・アープ」では、ヒーローとしてのワイアット像にこだわらず、人間ワイアットに焦点をあてて彼の人生を通しての家族愛や生き様を描いた。「トゥームストーン」では、男ワイアットをその友情に焦点をあてて、監督自身の個性を生かした現代風のアレンジで描き、凄みのある戦いのシーンを盛り込んで見せた。
 私自身の感想は、前者は全体的なキャスティングはよかったが(個人的にこの監督も好きだし)、焦点が絞りきれていない感じが残って、3時間という長編をラストまで持たせるにはもう一工夫欲しかった印象。ちょっと無理があったかな、というところか。後者は娯楽としての面白味
はあるものの、あまりに現代的過ぎるメインキャストの違和感と、脇役俳優のよさが目立ったせいで主人公ワイアットの印象が薄くなってしまった感じがマイナス。
 どっちがいいかは好みで分かれるところ。配役は以下の通り。

「ワイアット・アープ」題名「トゥームストーン」
1994年作品1993年作品
ローレンス・カスダン監督G・P・コスマトス
キャスト
ケビン・コスナーワイアットカート・ラッセル
マイケル・マドセンバージルサム・エリオット
リンデン・アシュビーモーガンビル・パクストン
デニス・クエイドドク・ホリデーヴァル・キルマー
ジェフ・フェイI・クラントンS・ラング
ジョアンナ・ゴーイングジョジーダナ・デラニー
トム・サイズモアB・マスターソン
ビル・ブルマンE・マスターソン
ルイス・スミスカーリー・ビルパワーズ・ブース
J・リンゴマイケル・ビーン
イザベラ・ロッセリーニケイトジョアンナ・パクラ
画像の説明画像の説明

西部劇の一言感想へ   ウェスタン
歴史TOP

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Template Panic , Movies and Music Deals, modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional