フルハウス

Full House 1987-1995年 アメリカ

このドラマについて
人気テレビアナウンサーのダニーが、妻を病気で失い、残された娘3人を仕事と家事を両立させながら育てなくてはならなくなり奮闘する姿を描くドラマ。その彼を助けようと同居人となった義弟ジェシー(ミュージシャン)と親友のジョーイ(コメディアン)。ふたりは時に友達となり、兄となり、そして母親がわりとなりながら、まだ幼い末娘のミシェル、おませな次女のステファニー、思春期の長女D.J.を見守り、そして、ダニーの力となっていく。でも、決して説教臭くなく、笑いもたっぷり。特にジョーイ役のデイブ・クーリエのコメディアン役は本職とあって実に楽しい。こんな同居人がいたら、毎日がとても愉快に過ごせるかも。8年続いた番組は、子供たちも成長して終了した。残念だったけど、この手の番組では宿命かも。

追記:2016年には、続編として、成長した娘たちが父同様に親友を含めたみんなで共同生活をすることになる「フラーハウス」が制作され、第4シーズンまで続きました。残念ながら、私はまだ観られていないのですが、大人になった彼女たちの様子をまた観たいなあとは思っています。パパたちも出ているようですし。(2019/08/25)


第1回を観た時から、お気に入りの番組。こんな設定はなかなかないけど、懐かしい昔の大家族と言う感じが素敵だった(後に、ジェシーがダニーの同僚ベッキーと結婚して、そのままタナー家に同居を続けることになる)。私には、兄や姉がいないので、こんなお兄さん、お姉さんがいたらいいな、といつも思って観ていたりしたものだ。これまでの海外ドラマでも素敵なお兄さんはいたけど、ジョーイやジェシーにはかなわない、と思う。
3姉妹は、もう私にとっては共感できる年ではなかったけど、長女のD.J.を観ていると、やはり同じ姉として「そうそう、そういこと、私にもあったよ」と感じるエピソードもあって、喧嘩のシーンでは、「ステファニーずるいよー」なんてことも……。そして、ミシェルはすごく可愛かった! こんな妹なら、欲しいね。このミシェルを演じたメアリー=ケイト・オルセン、アシュリー・オルセン姉妹の成長ぶりは、その後の「ふたりはふたご」、「ふたりはおとしごろ」で観ることが出来たが、女の子の成長は早いものだと実感させられてしまった。どちらの番組もともに面白かったデス。


出演者とキャストについて
ボブ・サゲット(ダニー・タナー役)
ジョン・ステイモス(ジェシー・コクラン役)
デイブ・クーリエ(ジョーイ・グラッドストーン役)
キャンディス・キャメロン(D.J.役)
ジョディ・スウィーティン(ステファニー役)
メアリー=ケイト・オルセン、アシュリー・オルセン(ミシェル役)
ロリー・ローリン(ベッキー/レベッカ・ドナルドソン役)
アンドリア・バーバー(キミー役)
ブレイク&ディラン・ウィルホルト(ニッキー&アレックス役)

フルハウス” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です