2020年5月のチェック番組

「サバイバー:宿命の大統領」シーズン2と「レジデント 型破りな天才研修医」シーズン3

当月劇場公開予定の映画を月に1本のペースで紹介してきた当サイトのトップページですが、緊急事態宣言による外出の自粛が要請され、4月は更新しませんでした。このまま同じトップページでいるわけにもいかないですし、しばらくは劇場公開映画ではないコンテンツで更新してみることにします。

そこで今月は新たに放送開始となるテレビドラマ!
今回紹介するドラマは、Super!Dramaで今月14日から第2シーズンの放送が始まる「サバイバー:宿命の大統領」とFOXで27日から第3シーズンが放送の「レジデント 型破りな天才研修医」です。どちらも大好きな番組ですが、まだサイトでは紹介していません(サイトの引っ越しに時間がかかりすぎていて新しい更新ができていません!)

Super!Drama 「サバイバー:宿命の大統領」シーズン2
主人公のトム・カークマンは住宅都市開発長官でしたが、異動の話が出ていたその時、大統領を含め内閣の要人、後継者がテロで亡くなり、指定生存者であったトムが大統領になってしまうというところから物語は始まります。二人の子供を持つ共働き夫婦のカークマン一家の変化と突然テロに立ち向かう大統領と新しい閣僚、スタッフたちの活躍を描く、ポリティカルドラマでありながら、またアクションもあり、サスペンスもあり、家族のドラマでもあり、見所盛りだくさんのドラマ。シーズン2はあれから1年がたった、という設定。

トムを演じるのは当サイトでも紹介している「24 TWENTY FOUR」でジャックを演じたキーファー・サザーランド。最愛の妻アレックスを演じるのはナターシャ・マケルホーンです。シーズン2では、引き続きのスタッフたちのほかに、「救命医ハンク」でハンクのノー天気な弟エヴァンを演じたパウロ・コスタンゾ(この番組も面白かった! 是非ドラマコーナーに載せたいけどまだ準備できてない!)やマイケル・J・フォックスも登場。これはますます観たくなりますね。「24」でもそうでしたが、彼の作品では昔キーファーと映画で共演した俳優・女優たちがゲストや準レギュラーといった形で登場することがたびたびあり、映画ファンにとっても嬉しいおまけでワクワクしますよね(マイケルとは「再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ」で共演)。

FOX 「レジデント 型破りな天才研修医」シーズン3
医療ドラマは数々製作されています。私は全部は観ていないのできっと他にも面白い作品はあるだとは思いますが、偶然観た第2話が面白くて見続けています。主演のマット・ズークリーは「グッド・ワイフ」のケイリーの、エミリー・ヴァンキャンプは「リベンジ」のエミリーの印象が強いですよね。でも、こちらの作品ではそんな印象をすっかり変えてしまいます。見た目はケイリー、エミリーとそう違いませんが、でもその印象を感じさせないところに、やはりアメリカのエンタメ界の層の厚さを見た感じがします。ハンサムや綺麗なだけでは一流とは言えないんだなあ、と。医療の現場での見せ場や問題提起的なシーンもありますが、若い病院のスタッフたちの活躍が見所と言えるドラマ。
どちらも楽しみ。おうち時間をまたこられのドラマのおさらいをして浸ってみるのもいいかも!(2020/05/02)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ショーン・ペン 

次の記事

フラワーショウ!