ベネディクト・カンバーバッチ Benedict Cumberbatch

1976年生まれ。イギリス出身。両親ともに俳優。パブリックスクール卒業後、マンチェスター大学、ロンドン音楽芸術学院を卒業とのことで、シャーロック・ホームズのインテリぶりも納得? 日本ではドラマ「SHERLOCK シャーロック」で有名になり人気爆発になったが、舞台や映画でも活躍する人。舞台では2012年にローレンス・オリヴィエ賞主演男優賞受賞。やはり演技力は確か。私もやはり「SHERLOCK シャーロック」で彼を知ったのだが、最初はレストレード警部役のルパート・ブレイブス目当てで観たドラマ。しかし、あまりの面白さ、そしてベネディクトのシャーロック役が素晴らしすぎてドラマ共々大ファンに(もちろん、ワトソン役のマーティン・フリーマンも素晴らしい!)

決して端正な二枚目というわけはないが、上流階級の雰囲気漂う様子は持って生まれたもの? 「SHERLOCK シャーロック」でのロングコートを羽織って立つ姿はめちゃくちゃかっこいい。あのコートも話題になったようだが、彼が着てこそのかっこよさとも言えるのでは。映画は「ブーリン家の姉妹」以外、まだ観ていないので早く鑑賞しなければ、と思っている内に日本でもついに「スター・トレック イントゥ・ダークネス」が公開となる。夏休み中なので、観に行きたいが、どうなることやら……。「SHERLOCK シャーロック」の第3シーズンの撮影も始まっているようなので、また日本での放送も期待したいですね!(2013/08/01)

追記:「スター・トレック イントゥ・ダークネス」は、まだ観ていませんが、マーベル作品にはまったせいで、ドクター・ストレンジ役でたびたびマーベル作品に登場する彼がすっかり気に入っています。そうは言いつつも、彼はアクションや変人的な(失礼! 天才的というべき?)人物ばかりを演じているわけではなく、時代物や現代もののドラマといったジャンルにも出てますよね。そちらも観たいです。そしてできることなら、舞台を観たい! 日本で公演してもらいたいものです。(2020/03/20)


おもな作品(映 画):「アメイジング・グレイス」(2006年)、「僕が星になる前に」(2010年)、「戦火の馬」、「裏切りのサーカス」(2011年)、「イミテーション/ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(2014年)、「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」(2015年)、「ドクター・ストレンジ」(2016年)
おもな作品(ドラマ):「SHERLOCK シャーロック」(2010年~ TVシリーズ)、「パレーズ・エンド」(2012年 TVM)
おすすめ作品(好き):「SHERLOCK シャーロック」(2010年~ TVシリーズ)、「ドクター・ストレンジ」(2016年)
当サイトでの紹介作品:「SHERLOCK シャーロック」(2010年~ TVシリーズ)、「ブーリン家の姉妹」(2008年)
       
管理人のチェック作品
:「エジソンズ・ゲーム」(2019年)
トーマス・エジソン役を演じたこの作品はいろいろいわくつきの作品となってしまっているよう。共演者も現在では日本でもよく知られた人たちが出演しているのだが、来年本当に公開されるのかな? 理科はちんぶんかんぷんだけど、やっぱり観たい! 「イミテーション/ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」のときの数学の理論のあたりはさっぱりだったから、今回も電気の理屈はわからないだろうけど。(2019/12/02)
追記:「1917 命をかけた伝令」をいれるべきかな。待ち待った公開なのにまだ観に行っていません! 2020年2月公開のチェック映画で取り上げています。(2020/03/20)

ベネディクト・カンバーバッチ Benedict Cumberbatch” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です