ルパート・グレイヴス

Rupert Graves

英国出身。ルパート・グレヴス!と言えば、やはり「モーリス」。なんて答えるとしたら、年齢がバレバレかもしれないけど、それでもこの時の彼は本当に本当にキュートで、私はどちらかというとヒュー・グラントのファンではあったが、ジェームズ・ウィルビーと共に注目美男俳優であることには変わりなかった。

「モーリス」や「アナザー・カントリー」(こちらは、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ルパート・エヴェレット共演)の後、”英国貴公子俳優”としてかなり騒がれた彼らであったが、残念なことにヒュー・グラントとコリン・ファース以外は、なかなか日本ではお目にかかれない俳優となってしまった。ジェームズ・ウィアルビーもルパート・エヴェレット(先日、ドラマ「マスケティアーズ」の第3シーズンで発見! 彼とはわからぬ姿ではあったが。出番は少なかったが、2015年の「ロイヤル・ナイト 英国王所の秘密の外出」でのジョージ6世役もよかったな!)ももっと日本でお目にかかりたい俳優の一人だ。

ルパート・グレヴスの作品は映画を数本観たが、どれも脇役。もちろん、脇役でも素敵な彼が観られることは非常に嬉しい。今回の「SHERLOCK シャーロック」での警部役は、写真を見たときにかなり老けた感じだったのが、少し残念だった。でも、年齢を考えれば当然か。あのキュートな青年も歳月によって渋いロマンスグレーの男性になった。もっともっと日本でも彼の作品を放送して欲しいもの。テレビの作品が多いようなので、難しいのかも知れないけど、”英国貴公子俳優”に胸ときめかせた世代には、懐かしい青春時代へ戻れる切符のようなものなのだ。(2012/03/23)追記(2021/05/01)


当サイトでの紹介作品:「レジェンド・オブ・エジプト」(1999年 TVM)、「SHERLOCK シャーロック」(2010~2014年TVシリーズ 第1~3シーズン)
管理人のチェック作品:「モーリス 」(1987年)、「天使も許さぬ恋ゆえに」(1991年)

前の記事

ヒュー・グラント

次の記事

トム・クルーズ