2019年2月公開チェック映画

女王陛下のお気に入り (THE FAVOURITE) 2018年 アイルランド、アメリカ、イギリス作品 日本公開2019年2月15日

今月公開作品で注目は、やはり1日公開の「メリー・ポピンズ リターンズ」、「フロントランナー」、8日公開の「ファースト・マン」、「アクアマン」、15日公開の「女王陛下のお気に入り」。どれも宣伝で見かけているし、アカデミー賞にもノミネートされたり、で映画好きでなくてもチェックしている作品ではないだろうか。

少し気になっているのは、2日公開の「ともしび」、8日公開の「ちいさな独裁者」、9日公開の「ナポリの隣人」、22日公開の「あなたはまだ帰ってこない」等のヨーロッパ映画。そして、バーナード・ローズ監督が撮った「サムライマラソン」。どういういきさつでローズ監督が撮ったのか気になるところだが、中身は完全な時代劇のよう。しかも史実を基にしている。マラソンと思われる競争が幕末にあったことは聞いていたが、それが映画化となると気になる。主演の佐藤健もなかなかいいかも、と思う。

ヨーロッパ作品の数々は、「娯楽」映画とは言えない内容だが、どの作品も見えない人の心の内側を見せる作品のようで、それはそれでまた気になる。とは言え、最初にあげた大作も楽しめそう。ということで、今月は結局、「女王陛下のお気に入り」を選びました。

サイトの趣旨からいってみると「メリー・ポピンズ リターンズ」も「ともしび」も「あなたはまだ帰ってこない」もあり、ではあったが、やはりここは好きな女優レイチェル・ワイズが出ているこの作品に。

今回は女王陛下の一番のお気に入りである座を争う公爵夫人の役。相手はエマ・ストーン、女王陛下にオリヴィア・コールマン。歴史ものであり、宮廷ものであり、女の闘いでもある(しかも時代は英仏の戦争中という背景!)。時代こそは違っても女の闘いは同じなんだろうなあと想像しつつ、衣裳や小道具、インテリアなどなど、また溜息出るような豪華な品の数々も見ることができそうで期待がかかる。

アカデミー賞にも10部門ノミネート。うっとりとイライラと笑いとメラメラと、そして涙と悲しみと全部の感情をメイン3人の女優達が見せてくれそうな作品かも! 本当は「メリー・ポピンズ リターンズ」もすごーく気になるんだけどね、コリン・ファースも出てるし、ベン・ウィショーも出てるし、ディック・ヴァン・ダイクも出てるとなるとやっぱり見たーい!(2019/02/05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です