2015年9月公開のチェック映画

キングスマン (KINGSMAN: THE SECRET SERVICE) 2014年イギリス作品
日本公開2015年9月11日

さて今月は、ダスティン・ホフマンやデボラ・ウィンガー(懐かしい!)、ジョシュ・ルーカスらが共演する「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」にかなり惹かれつつも、やはりコリン・ファース主演の「キングスマン」が私のお薦め、というよりも「見たい、見たい、見たい」映画となったのであった。

こちらはシリアスなスパイものではなく、気軽に見られる作品になっているようで、予告編を見ただけでもワクワクしてくる。しかも、コリン・ファースのアクションなんて全く想像できない(ヒーローものに出演して大当たりのロバート・ダウニー・Jr.同様に)。できないけれど、ものすごいアクションがあるわけだから、これは見ない訳にはいかないじゃないですか!

共演はマイケル・ケインにマーク・ストロング、サミュエル・L・ジャクソンにマーク・ハミル。この顔ぶれも魅力的だし、コリン演じるハリーにスカウトされる(?)若きスパイ候補生役に新人のタロン・エジャートン。彼も予告編を見る限りは私の直感が騒ぐ。監督のマシュー・ヴォーンは話題作の製作や原案や監督等をこなしている人だ。きっと面白いのだろうと想像しつつも、表の顔はテーラー役というコリン様様のぱりっとした英国紳士のスーツ姿が見られる、それが一番の見たい理由でもあったりするのであった(ミーハー全開の管理人です)。(2015/09/11)
追記:この記事掲載時には、タロン・エガートンの表記でしたが(当時、そういう表記だったので)、その後、世間からのエジャートンの方が発音にあった表記だとの話が広がって公式にもこちらの表記に訂正になったので、今回の更新で修正しました。(2019/05/04)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です