2019年 1月公開チェック映画

喜望峰の風に乗せて (THE MERCY) 2017年 英国作品 日本公開2019年1月11日

今月はなんやかんやで日々が過ぎてしまい、12月公開映画の紹介が出来ないまま、年末を迎えることとなってしまいました。なんやかんやは、「ボヘミアン・ラプソディ」を観た管理人は盛り上がりすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまったというのが、本当のところでもありますが、感想をUPしていないこの怠慢! いつもの友人達とハイテンションになって語り合っているうちに、浦島太郎のようなことにならぬように注意しないと、ですね。青春時代がかぶる我々としては、どうにも熱の入りようが他の作品とは違ってしまうところです。

今月は「アリー/スター誕生」が話題になっていますね。何度も映画化されている作品のひとつですが、実のところ私はどの作品もまだ観ていなくて、今回のこの作品も未見です。レディー・ガガよりもブラッドリー・クーパーに興味はあるのですが……。
今月公開作品の中では「アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング」も元気が出そうな、面白そうな映画だなあとチェックしていましたが、一番観たかったのは、フランケンシュタインを書いたメアリー・シェリーを描く「メアリーの総て」。異色の女流作家とも言えるメアリー・シェリーが「フランケンシュタイン」を書くに至るまでの苦悩を垣間見ることの出来る作品なのでは?と気になります。

とは言え、やはりもう今年もあと一週間なので、ここでは来年2019年1月の公開作品の中から「喜望峰の風に乗せて」をピックアップ。26日公開の「天才作家の妻-40年目の真実-」もとても興味あるのですが、個人的な好みで「喜望峰~」を選んでしまいました、あしからず。

実話の映画化ということで、その点もチェック要因のひとつではありますが、単独無寄港での世界一周レースと、何とも無謀な競争に名乗りを上げたビジネスマンのドナルドを巡る、家族、スポンサー、メディア、町民の人たちといった様々な人々の期待や思惑を描いているようです。何と言ってもドナルドを演じるのはコリン・ファースなので、ファンの一人としては、それだけで観たい! そして妻を演じるのはレイチェル・ワイズ。長年応援している私の好きな女優の一人でもあります。

ただ、ちょっと気になったのは、予告編で観る彼女が痩せすぎ? いくら年は取ったとはいえ、顔はほっそりとなりすぎてて心配。IMdbを観ると来年も出演作品はありそうなので、健康の心配はないのだろうと思うけど、スタイルのいい女優さんは憧れではあっても元気な姿を観られなくちゃファンは寂しいですよ~。コリンも引き続き、お姿拝見出来るので年明けの楽しみにワクワクしますね。

2018年の1月チェック映画でもコリン出演の「キングスマン:ゴールデン・サークル」を選んでしまい2年連続となってしまいました。(2018/12/24)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です