2013年8月公開のチェック映画

スター・トレック イントゥ・ダークネス(Star Trek Into Darkness)
2013年アメリカ作品 日本公開2013年8月23日

この夏はこれといって超大作が公開していないように思えるのだが、ここであげるとしたら、2日に公開した「ローン・レンジャー」なのか、それともトレッキーと呼ばれるファンを抱える「スター・トレック イントゥ・ダークネス」なのか? と悩むところだが、私は後者を選んだ。

西部劇は大好きなのでその点では「ローン・レンジャー」は魅力的だ。それでもSFを選んだのは、別に自分がトレッキーだからではなく、もうただ単純にベネディクト・カンバーバッチが出ているから、なんていう理由だけ。残念ながら、ジョニー・デップファンではない私にはベネディクトの方が魅力的だった。

とにもかくにもベネディクト・カンバーバッチのことばかりが日本では注目になっているように見受けられるが、彼は主役のカーク役ではなくそのカークの前に立ちはだかる悪役ジョンの役とのこと。難事件に挑むシャーロック・ホームズの印象が強いベネディクトの悪役なんて、やはり興味は湧くので注目されがちだと思うが、カーク船長を演じるのはクリス・パイン。

この人は日本ではどの程度の注目株なのか不明だが、調べてみたら私は「アンストッパブル」と「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」を観ていてた。うーん、正直あまり印象に残っていない。2009年の「スタートレック」でもカーク役を演じて、今回引き続き、ということなら、このカーク役に期待したいところ。スポック役はやはり前回と同様のザッカリー・クイント。彼は「HEROES/ヒーローズ」でのサイラー役の怪演がまた記憶に新しい。彼の映画は観ていないのでやはり注目か。

私個人としては他のチェック俳優は、バヴェル役のアントン・イェルチン(「ターミネーター4」でちょっと冴えないカイル・リース役をやっていた。のちのマイケル・ビーン演じるカイルになると思うとあまりすんなり繋がらず、残念賞だったなあ)とアリス・イヴ。この女優さんは「メン・イン・ブラック3」で、エージェントOの若い頃を演じていたが、素敵な人だったので注目していきたい女優の一人。昨年の「推理作家ポー 最期の5日間」にも出演しているので、是非この作品も観たいと思っているところだ。

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の監督は、私の大好きな海外ドラマ「エイリアス」や「フリンジ」で企画や制作総指揮を務めたJ・J・エイブラムス。映画では監督をした「M:i:III」よりも、製作をした「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の方が面白かったかなあ、と私は感じたので、やや不安はあるものの、やはりこの夏観たい映画の1本!(2013/08/05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です