2012年9月公開のチェック映画

ボーン・レガシー(The Bourne Legacy) 2012年アメリカ作品
日本公開2012年9月28日

先月に引き続き、選んだ作品はアクションものになってしまった。今月公開は私が注目できるような女性が主役の映画が少ない。大作と言えそうな作品としては「白雪姫と鏡の女王」や「ハンガー・ゲーム」、「エージェント・マロリー」などあげられそうだが、劇場で観たいと思わせるほどのものが残念ながらない。来月に期待しよう。

「ボーン・レガシー」は既に劇場で何度か予告編を観ているが、やはり「ボーン」シリーズを観た人にとっては興味が沸く作品と言えそうだ。もちろん、それを狙ってでもあるだろうが、設定がボーンの時と同じ世界で同じ時期に起こっていた別の陰謀ということで脇の出演者達も前シリーズと同じ役者で揃え、さらに新キャストとして、エドワード・ノートンとレイチェル・ワイズが出演しているとなれば、主役が私の中ではイマイチ認知度の低いジェレミー・レナーであっても、やっぱり「観た~い」という気持ちになる。

ただ、先日観た「アベンジャーズ」(感想はまだUPしていません)では、「マイティー・ソー」(こちらもまだ感想をUPしてません)の時にそう気にもならなかった彼もなかなかの存在感を見せ、ちょっと気にはなる。出演作品の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」や少し前の「ハート・ロッカー」で再チェックかなあ、とも……。
さて、この作品でチェックの女優はレイチェル・ワイズ! 彼女は以前から好きな女優の一人。「チェーン・リアクション」で観て以来、キュートな女性だなあ、と思っていたのだが、実は観ていない作品も結構あってこの作品で久々に劇場で観たい、なんて考えているのだ。(2012/09/06)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です