ピッチ・パーフェクト

PITCH PERFECT 2012年アメリカ作品
監督:ジェイソン・ムーア
出演:アナ・ケンドリック(ベッカ役)、スカイラー・アスティン(ジェシー役)、レベル・ウィルソン(ファット・エイミー役)、アダム・ディヴァイン(バンパー役)、アンナ・キャンプ(オーブリー役)、ブリタニー・スノウ(クロエ役)、アレクシス・ナップ(ステイシー役)、エスター・ディーン(シンシア役)、ハナ・メイ・リー(リリー役)、ジョン・マイケル・ヒギンズ(ジョン・スミス役)、エリザベス・バンクス(ゲイル役)


 楽器伴奏無しで歌うアカペラ、しかし、ただ歌うだけでなくアレンジを加え、踊って見せる、ちょっとミュージカルと似た合唱部ならぬ歌唱部?的な大学のサークルが舞台だ。日本のクラブ活動では(特に中・高校では)、こうしたクラブはなかなかないのではないかと思う。でも、とても楽しそう! ミュージカルが好きな私はこの手のものは好きだ。実際やってみたいなあとも思う。上手く出来るかどうかは別として。

そんなわけでアメリカでは大ヒットしたというこの作品には大いに期待していた。そして、音楽シーンは素晴らしかった。でも、青春映画として観たときの”ときめき”が足りなかったのは、自分が年を取ったせいなのか、時代のせいなのか‥‥。とはいえ、ヒロインのベッカやその周囲の仲間達の成長物語でもある点においては応援したくなる部分もあり、当然だが、女性グループ、ベラーズが中心で描かれているので、女同士の友情や好きなことにかける情熱や思い、といったあたりが共感を呼べるシーンかなあ、と思う。

子供の夢に理解を示さない父親(ベッカを反強制的に自分の勤める大学に入学させた)やちょっと変わった個性的なベラーズの仲間達、トップを目指して対立する同じ大学内の男性グループ、そのメンバーであるちょっと気になる男子学生のジェシー、と材料は揃っていてドキドキシーンなんかもあるだが、あ~、やっぱり自分がオバさんなってしまった?! 物足りない感が漂っていて、映画自体は楽しめたけど、それだけに感じてしまうのは、もう若くないってことよねえ。よく言う「何かを始めるのに遅すぎることはない」なんて言葉も聞くが、そうは言っても「若いからこそ」のタイミングや出来ることもある。

ヒロインのベッカは、可愛らしいけどちょっと内向的なタイプの女の子。積極性がないわけでなく、内に籠もるタイプだ。人を寄せ付けないし、自分を曲げない。そんな彼女が、父親に反強制的に入学させられた大学で、特にやりたかったわけでもないアカペラ部の活動を通して新しい世界に気づき、人間関係を作り、活動の場を広げていくのは、きっと今後音楽界での仕事へと進んだときも、そして別の道を選んだときもきっと役に立つ。

新たに踏み出すことはいくつになっても出来るけど、例えば19歳のときと40歳、50歳、60歳のときとでは、その後の人生が全く変わっているだろう。それがちょっと羨ましい映画だったなあ。ある程度の年齢に達した多くの人に聞いた「人生での後悔を一つあげるとしたら何か」というアンケートの結果に、「すべきときにしなかったチャレンジ」との答えが一番多かったと聞いた。それって、きっと本当だよね、とこの私も思う。

若い人はどんどんチャンレンジして! 無理かも、と思ってもやってみれば何かの結果は残る。大成功でなくてもチャレンジしなかった時とは違う自分が絶対に見えてくると思う。そんな気持ちになった映画でした。

ちなみにこの作品、続編も公開し、さらにその続編も作られているようである。アメリカでは本当にヒットした映画なんでしょうねえ。日本ではかなり遅れての公開でしたが、どうも本国ほどはヒットした様子はない。大学生活の違いやアカペラ部の人気の違いなんてこともあるかもしれないですね(2016/09/01)

2015年5月公開のチェック映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です