シックス・センス

The Sixth Sense 1999年 アメリカ作品
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ブルース・ウィリス(マルコム役)、ハーレー・ジョエル・オスメント(コール役)、トニ・コレット(リン役)、オリビア・ウィリアムズ(アンナ役)


精神科医のマルコムは、昔の患者である少年が成人してから自宅に押し入られて銃で撃たれた。そのことで救い切れなった元患者であるその少年に対してのトラウマのようなものに苦しんでいる。妻のアンナとも上手くいかない。一方、少年コールは周囲から「変人」扱いされ、友達もいない。母親とも上手くいっていない。母子家庭のコールは母のことを本当に大切に思い愛しているが、二人はしっくりこないのだ。マルコムはコールを救ってやりたいと願い、カウンセリングを行うのだが…。

ホラー映画なのか、と思いきや実際は違った。ただ、公開当時の予告編等では、幽霊が出てきたり、少女が叫んだり、とホラーっぽい映像が流れたので、ひたすら「怖い」という印象は捨て切れなかったのだ。とは言え、やはり幽霊や死人役の人が出てくるし、効果音は恐怖心を抱かせる。

この映画は非常に良く出来ている映画。ストーリーは2本仕立てになっている。少年コールと母親リンの話、そしてマルコム自身の話が同時に進行していてクロスする。本当はマルコムはもう死んでいるのだが、ラストでわかるそのどんでん返しも上手い。もちろん一度見てしまうともう最初見た時の驚きのの効果はなくなるが、それでも内容は訴えてくるものがある。

「変人」扱いされているコールには幽霊が見える。学校でも家でも死んだ人が見えるのだ。そんな発言をしたせいで、学校では「変人」扱いされて友達もいない。見えたり話しかけたりする幽霊から毎日逃げるだけの日々のコール。でも、母親のリンには安心させるために仲良しの友達がいることを装っているし、幽霊が見えることも話していない。リンはコールと上手くかみ合わないのは父親がいないせいだと思っている。息子をとても愛しているが、気づかないことも多いし、自分の苦しみで手一杯のふうでもある。

そんな状況にいる少年コールを本当に救いたいと願うマルコムは、彼のカウンセリングを行い、「死人たちが助けを求めてコールの所に来ており、願いを聞き届けることで恐怖もなくなる」と教える。そして、死んだ少女の願いを達成するためにコールは彼女のお葬式で彼女の死んだ真相を父親に知らせた。

コールは恐怖を克服することが出来、理解できなかった現象も自分なりに理解できた。そしてマルコムに告げる。「奥さんに話す時は彼女が寝ている時がいいよ」と。それはマルコム自身がもう死んでいる人間だと告げたことと同じだったと思うのだが、成仏できない人間は天国にいけないということわざと繋がっているようにも思えてくる。自分が死んだと認められないマルコムは、そこで自覚する。自分はかつての元患者に撃たれて死んだのだと。

コールとマルコム二人の、苦悩から解放される話がそれぞれのエピソードで展開しており、それは別の事柄だけど同じことでもあったという話の進め方が心憎い。ラストのコールとリンのわかりあうシーン。コールがリンの母親が時々家に来る、そして、リンへの伝言があるよと話す場面は見るものの心を打つシーンであるだろう。(2009/07/30)

追記:よく比較されている「アザーズ」もUPしてあります。タイトルをクリック(2019/06/08)

シックス・センス” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: アザーズ | Theater 5418

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です