ノッティング・ヒルの恋人

Notting Hill 1999年 アメリカ作品
監督:ロジャー・ミッチェル
出演:ジュリア・ロバーツ(アナ・スコット役)、ヒュー・グラント(ウィリアム・タッカー役)、リス・エヴァンス(スパイク役)、ジーナ・マッキー(ベラ役)、ティム・マキナニー(マックス役)、エマ・チェンバーズ(ハニー役)、ヒュー・ボネヴィル(バーニー役)


ハリウッド大女優のアナ・スコットとロンドンの町のノッティング・ヒルの旅行専門書店の主ウィリアムとの恋の行方。だいたいの筋書きは読めるというものですが、ロマンチック・コメディとしては楽しめる映画と言えそう。会話の中にみんなの知っているスターが出てきたり、ジュリアとヒューそれぞれが自分をおちょくっているような会話のシーンも映画ファンには笑えるシーン。恋愛ものの定番ストーリーとしての材料も揃っている。でも、それだけになってしまった感じがするのは何故でしょうか?

ちょっと「ローマの休日」を思わせる内容とも言えますが、ラストはこちらでは二人は結ばれて幸せな家庭を築いているらしい風景で終わります。ジュリアは自分と等身大の女性を演じていると言ったところなのでしょうか。

ヒューはいろいろ話題もあったけど、年くったとはいえ、相変わらずの二枚目で、はにかみ青年をうまく演じて女心をくすぐります。彼を取り巻く友人達がまたイギリス的にちょっとおかしな人たち。ウィリアムの妹はかなりイッちゃってるし、同様にウィリアムの同居人(リス・エヴァンスが演じている。かなり強烈だが、妙にいい味出して笑わせる)もそう。でも、それがハリウッドの大女優とイギリスのごくごく一市民というギャップを醸し出していたのかもしれないですね。アナから見たら、随分変な人たちだけど、何だか憎めない彼らが主役二人のロマンチックな恋とは別なところで印象的。

アナは仕事も家庭もパーフェクトに手に入れた女性を感じさせるラストだったけど(それは多くの女性の願いでもあるだろう)、彼女の行動は私にはかなり理解しがたいものもあったかな。それはアナが大女優ゆえのことなのかしら?

ちょっと意外だったのは、ウィリアムの家の廊下の壁に黄色いラッパスイセンが飾ってあったこと。少女漫画でよく主人公が「バラ背負って登場」という華やかなシーンがあるけど、ヒューならまさに少女漫画のバラというイメージだっただけに、水仙は新鮮でした。(2002/02/04)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です