Uターン

U TURN 1997年 アメリカ作品
監督:オリバー・ストーン
出演:ショーン・ペン(ボビー役)、ジェニファー・ロペス(グレイス役)、ニック・ノルティ(ジェイク役)、ビリー・ボブ・ソーントン(ダレル役)、パワーズ・ブース(ヴァージル役)、ホアキン・フェニックス(トビー役)、クレア・デーンズ(ジェニー役)、ジョン・ボイト(盲目の男役)


金銭トラブルで逃走中のボビーは、途中で車が故障し、アリゾナのスペリアという小さな街の修理屋に車を預けた。街に着いたときには既に人生のどん底であろうと想像に難くないこの男が偶然に立ち寄った小さな街で、女郎蜘蛛のような女の罠に絡め取られ、ツキからとことん見放されていく姿は哀れですらあり、またコメディのようでもある。

ほんのわずかの希望もすべてが裏目。どこで間違えたのか、街に入る前には、「UターンOK」という謎めいた看板。映画の冒頭と最後にはこの看板が映るのだが、それが象徴的。ここが、彼の人生の分かれ道となってしまう。Uターンせずに、前に進むことを選んだボビーの人生の最後がこんな形で来るとは、本人も予想だにしなかったろう、と観ている側も思ってしまうラスト。決して、真面目に生きてきたとは言えない男の末路を「当然」とみるか、「あまりにもかわいそう」とみるか……。

このボビーを演じるのはショーン・ペン。彼には意外性のない役所とも言える困った男の役だが、それはそれで期待を裏切らない。街の人々を演じるのは、個性派俳優達ばかりだ。美人妻にはジェニファー・ロペス、その嫉妬深い夫にはニック・ノルティ、不気味な修理屋はビリー・ボブ・ソーントン、怪しい保安官にはパワーズ・ブース、若いカップルにホアキン・フェニックスとクレア・デーンズと、このメンツを聞いただけでもどんなことが起こるのか気になるというもの。後味は決していいとは言えないものの、この顔合わせが気になる人は一見の価値ありかも。(2011/07/05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です